BTOについて

パソコンを購入しよう!
パソコンを購入しよう!(HOME)  > BTOについて

BTOとは

 Build To Orderの略。
 自分好みの仕様をきめ細かく選ぶことができます。
 いらないソフトウェアを削除したり、HDDの容量を必要容量に下げることで、より安価にパソコンを購入することができるし、逆にハイスペックにするために、CPUやメモリーをランクアップすることも可能。
 まさにオーダーメイド。自分のほしいパソコンを手に入れることができます。
 パソコン購入は、「あーでもない、こーでもない」と仕様をいじっているときが一番楽しかったりします。

★BTOを基本にしているDELL(デル)のパソコンはこちらで紹介しています。

BTOでの各仕様の選び方

BTOする上で仕様決めに迷うなら、以下を参考にしてください。

Windows Vista、Windows 7を使用する場合の条件

Microsoftから提示されている最低必要条件を以下に示します。

Windows VistaWindows 7
CPU800MHz以上1GHz
メモリ512MB32bit:1GB
64bit:2GB
HDD空き容量15GB32bit:16GB
64bit:20GB
ビデオカード DirectX9対応(ビデオメモリ256MB) DirectX9対応(Windows Display Driver Model 1.0 以上)

Vistaから7への変更で動作が軽くなると言いますが、
7の方が最低必要条件が高く設定されているのが分かりますね。

上記は最低必要条件ですが、快適な動作を望むなら、
CPUはデュアルコア以上、
メモリは上記の2倍以上にしたいところです。

OS

Windows 7には6種類のエヂィションがあります。
Starter 低スペック、低コストPC向け。制約多数。
Home Basic 新興市場向け。日本ではMSDNなどを除き提供されない。
Home Premium 一般向け。Vista Home Premium相当。
Professional 上級者、小規模ビジネスユーザー向け。
Enterprise ビジネスユーザー向け最上位版。ボリュームライセンスでの提供。
Ultimate 一般向け最上位版。

よくわからない方は、Home Premiumで良いと思います。

Windows 7の各エディションの機能詳細はこちら。

CPU

 同じ種類のCPUなら、クロック周波数が高い方が処理速度が速くなります。
 ・・・というのはよく知られていることですが、ここでややこしくなるのはCPUメーカーが違う場合の比較。
 実はCPUの速度は、クロック周波数×IPCで決まります。
  IPC:Instructim Per Cycle。単位クロックあたりの処理能力のこと。

 AMDのCPUはインテルのものと比べ、IPCを高く、クロックを低く設計されていることが多いようなので、この場合同じクロックのCPUならAMDの方が速いことになります。
 AMDはインテルと比較して安価なのでBTO選択できるようになっている場合は、検討の価値ありです。

 よく分からない方は、デュアルコア( 例えばCore2Duo(Intel製)、Athlon64 X2(AMD製) )のものを選んでおきましょう。
 (その中でも「クロック周波数」が大きな数字のもの程、処理速度が速いです。)

メモリー

 いくら処理能力の高いCPUを選んでも、メモリーが少ないとパソコンの動きは極めて遅くなります。
 Windows 7では1GB(64bit版なら2GB)は最低限必須ですが、パソコンを快適に使用するためにできれば初めから2GB(64bit版なら4GB)、更に将来メモリーの拡張ができるよう空きスロットがあると良いですね。

 よくわからない方は、メモリー2GB(64bit版なら4GB)+メモリースロットの空きのあるモデルを選んでおきましょう。

ハードデスク(HDD)

 インターネット閲覧、メールチェック、Officeソフトを使う程度なら40GB程度でもOKでしょう。
 画像、映像データを多数保存するなら、多めの設定にしたいところ。
 USB,IEEE1394ポートがあれば、外付けHDDの増設可能。
 HDDの回転数の単位はrpm。1分間の回転数を示す単位ですので、数値が大きい程読み出し、書き込み速度が速くなります。
 ですが、回転数が高いと音も大きくなるので、図書館などで使うときのこと等を考慮すると、ほどほどで良いかも、です。

光学ドライブ

 DVDには以下の通りいろいろなタイプがありますが、たいていの場合DVD-Rしか使わないのが実状です。(少なくとも私は・・・)
 あとは、書き込み・読み出し速度、片面2層書き込みの可否を良く確認しましょう。

ビデオコントローラ

 3Dゲームやネットワークゲームをやりたい人は、予算の許す限りここにお金を投入しましょう。
 そうでない人は最も安い構成でOKだと思います。

サウンドコントローラ

 5.1chサラウンドを選べば、映画も臨場感たっぷりに楽しめます。


★BTOを基本にしているDELL(デル)のパソコンはこちらで紹介しています。