Dell Studio 15購入レポート

パソコンを購入しよう!
パソコンを購入しよう!(HOME)DELL(デル)のパソコンを購入しよう! > Dell Studio 15購入レポート

DellのStudio 15購入レポート

今回ご紹介するのは、Studio 15です。
Studio 15は画像処理能力の高い大人気機種です。 CPUにはCore 2 Duoが搭載し、グラフィックボードで画像処理機能をグレードアップできます。 5.1chサラウンドシステムに対応し、迫力のある音質で映画などが楽しめます。

価格設定もお手頃であり、非常に売れているモデルです。
今回このモデルを手に入れたので、使用レビューをお届けします。
皆さんの購入の参考になれば幸いです。

仕様

PCの仕様は以下の通り。

 Studio 15 プレミアムパッケージ
OSWindows 7 Professional
CPUCore 2 Duo P8700
(3MB L2キャッシュ、2.53GHz、1066MHz FSB)
メモリ4GB(2GBx2) DDR2 SDRAM
GPUATI Mobility Radeon HD 4570 512MB
キーボード日本語キーボード
ハードディスク500GB
ACアダプタ90W
内蔵ウェブカメラあり
光学ドライブブルーレイコンボドライブ
(Roxio Burn 1.0添付)
液晶ディスプレイ15.6インチ TFT TrueLife FHD
光沢液晶ディスプレイ (WLED) (1920x1080)
セキュリティソフト 
保障 
バッテリ 
カラーHorizonte in Red - Derck Welch
ワイヤレスLANインテルWiFi Link 5100
802.11a/b/g/n対応

この仕様で105,458円でした。
(2009年10月28日時点)

尚現在では、Studio 15はCPUにCore iシリーズを搭載するモデルに切り替わっており、これから購入される方は更にハイスペックなものが手に入ります。
ウラヤマスィ〜。
Studio 15

使用レビュー

Studio 15デザイン

今回はデザイン天板のものを選んでみました。
こんな感じです。
studio15天板
実物で見ると、なかなか面白いデザインです。

こちらは、天板を開けたところ。
Studio15開けたところ

Studio 15 スピーカー

ノートパソコン内蔵のスピーカーとしては、音は良いでしょう。
ノートパソコンで映画を見るにはバッチリです。

Studio 15 液晶画面

明るくて鮮やかな表示です。 16:9の画面ですから、フルHDの映像をそのまま表示できます。

顔認証でのログイン

Webカメラを利用した顔認証でのログインができます。
まず電源を入れると、ログイン画面で顔が映し出されます。
一旦自分の顔をシステム登録しておけば、その後はほとんど一瞬でログインできるようになります。
手間なしログイン、便利で良いですね。
メガネをかけていてもかけていなくてもログインに支障なし。顔の特徴を上手く取り込んで認識しているんですね。
個人的には、こういう新しい技術って嬉しくなってしまいます。
一般消費者が使用する電気製品もここまで来たか、という感じです。
壁掛けテレビや電気自動車などと同様、”未来の姿”として描かれていた世界が実現されていて、こういうものを持ち運べるというのは、なかなかの優越感です。

Studio 15キーピッチ・ストローク

Studio 15 キーボード
キーピッチは19mmなので、デスクトップなどと同様。
デスクトップパソコンのキーボードに慣れている人にとっては、ノートでも同じキーピッチであってほしいと思うものです。
当然ながら、キーストロークはデスクトップ程の深さはありませんが、キーのクリック感も含め、普通に使えます。

インターフェイス

Studio 15 左
Studio 15 右
USBポートは数も十分で、左右共に配置されているので使いやすいですね。
HDMIポートを搭載し、デジタルTVへの接続が簡単・キレイ。
その他はお馴染みのインターフェイス。

Studio 15 電源接続部
ヒンジ部分と電源接続部のLEDはStudio XPSと同様。光っていてカッコイイですね。
こういう部分のコダワリ設計は嬉しいものです。
ACアダプターは薄くて、主張していないのが良いと思います。

Studio 15のベンチマーク

Studio 15のベンチマーク結果です。

Windowsエクスペリエンス値

エクスペリエンス値は以下の通り。

studio 15 エクスペリエンス値
 エクスペリエンス値
プロセッサ6.1
メモリ(RAM)6.1
グラフィックス4.9
ゲーム用グラフィックス6.2
プライマリハードディスク5.8

これら指標の中で、最も低いスコアはグラフィックスで、4.9。
プロセッサ、メモリ、ゲーム用グラフィックスが6.0を超えています。 ノートパソコンとしては、すごいですよね。

CINEBENCH R10

ベンチマーク結果は以下の通り。

Studio 15のCINEBENCH R10結果

 CINEBENCH R10結果
Single CPU2693
Multi CPU4935
Open GL4270
デスクトップ用のCPUと比較すると、Core 2 Duo E6700より、若干低い位?
(条件が合わないので一概には言えません。ご参考程度に・・・。)

3DMARK06

ベンチマークの結果は以下の通り。

Studio 15の3DMARK結果
3DMARK06で3738。
この仕様ならこんなもんでしょう。
現在、Studio 15はCPUもGPUも非常に良いものが搭載できるので、大幅なパワーアップが期待できます。

ファイナルファンタジー]Tベンチマーク3

このベンチマークは”今となっては”という感もありますが、まぁこれまで公開されているスコアとの比較の意味で一応やってみました。
ベンチマーク実行結果は以下の通り。

 FFベンチ結果
低解像度8698
高解像度6049

低解像度でのベンチマーク実行結果を以下の通り判断することになります。
1000未満 :問題あり
1000〜1499:表示フレームレートが極端に落ちる場合あり
1500〜1900:低解像度モードでもストレス無く動作。天候などのエフェクトは調整必要かも
2000〜2499:低解像度モードでもストレス無く動作。天候などのエフェクト表示オンでも問題なし
2500〜2999:高解像度モードでも一応プレイ可。
3000〜3999:高解像度モードでもストレス無く動作。
4000〜6999:高解像度モードでも非常に快適。
7000以上 :全く問題なし。

当然ですが、「全く問題なし」です。


まとめ

超売れ筋のStudio 15。
サイズ的にも丁度良く、軽いので扱いやすいです。家の中でお気軽に移動でき、快適なパソコンライフが堪能できます。
レビューでも書いた通り、グラフィックス処理もノートパソコンとしては十分に使えるレベルですので、安心して購入できるモデルの一つだと思います。 これが10万円前後で購入できるのですから、良い時代になったものです。

なお、Studio 15は現在もっと高性能なCPU、Core i7を搭載したものが購入できます。
Core i7搭載のStudio 15、欲しいです!

今なら、オンライン限定クーポンや、各種キャッシュバックキャンペーン等、値引き特典ありお買い得です。
気になる最新仕様とお値段はこちらから。→ Studio 15