Dell Studio XPS 16購入レポート

パソコンを購入しよう!
パソコンを購入しよう!(HOME)DELL(デル)のパソコンを購入しよう! > Dell Studio XPS 16購入レポート

DellのStudio XPS 16購入レポート

今回ご紹介するのは、Studio XPS 16です。
この機種は、CPUもグラフィックコントローラも高性能なものを使用しており、フルHD対応、ドルビー5.1chサラウンドシステムにも対応。
画像処理能力が非常に高い高級機です。

とはいえ、
これだけのスペックでありながら、価格を抑えてのリリース。

今回、以前から気になっていたこのパソコンをとうとう手に入れたので、使用レビューをお届けいたします。
私同様このハイスペックノートが気になっている人は、ご購入判断の参考にして頂けると幸いです。

仕様

手に入れたPCの仕様は以下の通りです。

 Studio XPS 16 ベーシックパッケージ
OSWindows(R) 7 Home Premium
CPUCore 2 Duo P8700
(3MB L2キャッシュ、2.53GHz、1066MHz FSB)
メモリ4GB(2GBx2) DDR3 SDRAM
GPUATI Mobility Radeon HD 4670 1GB
キーボード日本語キーボード
ハードディスク500GB SATA HDD (5400回転)
ACアダプタ90W ACアダプタ
内蔵ウェブカメラ200万画素ウェブカメラ
(WebCam Central、顔認証ソフトウェア付き)
光学ドライブブルーレイドライブ
(Roxio Creator 10 Premier BD 高機能ソフトウェア添付)
液晶ディスプレイ15.6インチ WXGA+ EdgetoEdge
WLED 液晶ディスプレイ (1600x900)(メルロ・レッド用)
セキュリティソフトマカフィーセキュリティセンター
(15ヶ月間更新サービス)
保障デルケア 標準 1年保守
(出張対応による修理)
バッテリ6セルバッテリ
カラーメルロ・レッド
ワイヤレスLANインテル WiFi Link 5100
(802.11a/b/g/n対応 最大理論速度300Mbps)
2009年10月28日時点購入、162,839円でした。

尚現在では、Studio XPS 16はCore i7搭載モデルに切り替わっていますので、今購入できるものは更にハイスペックとなっています。
その上、上記価格よりも更にお買い得かも・・・。
以下サイトでご確認を。
Studio XPS 16

Studio XPS 16到着!

Studio XPS 16が届きました。
ダンボール梱包を開けると、こんなケースが出てきました。
studioxps16梱包
私Studio 17、Inspiron 1526も所有していますが、これらはダンボール梱包だけだったので、こんなところでも高級感を醸し出していることには、「ほほぉ〜」という感じです。

使用レビュー

Studio XPS 16デザイン

デザインは「ぅおぉー」(文字にするのは難しい・・・)という感じです。
(うちの家族も「ぅおぉー」と言ってました。)
Studio XPS 16 天板
なんと言っても、2008年度のグッドデザイン賞を受賞したStudio XPS 13と同じデザインというだけあって、見事な仕上がりです。

天板の一部にはレザーが装飾されており、それ以外の部分は非常に光沢のある塗装。コントラストが非常に面白いデザインとなっています。

パームレスト部は非常に光沢のある黒。こういうの、ピアノブラックって言うんですかね。ピアノの表面仕上げのように、すごくキレイで、高級感バツグン。ピカピカです。(写真では分かりにくいですが・・・)
Studio XPS 16 開けたところ

Studio XPS 16 スピーカー

このPCのスピーカーです。
Studio XPS 16 スピーカー
ノートパソコンとしては、音はなかなかいいですね。
一人で映画を見るには十分でしょう。

Studio XPS 16 液晶画面

非常に明るく鮮やかに表示されています。 16インチというサイズも一人で映画鑑賞するには満足できるサイズかと思います。 アスペクト比は16:9なので、フルHDの映像をそのまま表示できます。

顔認証でのログイン

200万画素のWebカメラが付いており、これを利用した顔認証でのログインができます。
Webカメラで映し出された自分の顔をシステムに登録すればパスワードなしでログインできます。
一瞬自分の顔が表示されたらすぐログイン、という感じです。・・・すごい。
しかもメガネかけてもかけなくてもログインできる。
すごいですね。

Studio XPS 16キーピッチ・ストローク

Studio XPS 16 キーボード
キーピッチは標準的な19mmなので、使いやすいです。
キーストロークはノートパソコンとしては、こんなものでしょう。当然ながらデスクトップ用のようなことはありませんが、普通に使えます。
キーのクリック感も問題ありません。
キーを押し込んでもボディーがたわむこともないので、安心感もあり。

インターフェイス

Studio XPS 16 左
Studio XPS 16 右
写真にある通り、USBポートが左右にあります(写真、分かりにくいですね・・・)。
数も十分。
HDMIポートも搭載しているので、デジタルTVへの接続も簡単でいいですね。
その他、LAN、ヘッドホン、マイク等。

Studio XPS 16 電源接続部
ヒンジ部分と電源接続部にLEDが入っており光ってます。
ちょっとしたところにもコダワリの設計。
機能には全く関係ない部分ですが、そういう部分へのコダワリというのはユーザーには気分が良いものですよね。
Studio XPS 16 ACアダプター
ACアダプターの薄さに驚きました。
ゴツイACアダプターって、オシャレじゃないですが、これはヨロシイ。

Studio XPS 16のベンチマーク

Studio XPS 16のベンチマーク結果です。

Windowsエクスペリエンス値

エクスペリエンス値は以下の通り。

studio XPS 16 エクスペリエンス値
 エクスペリエンス値
プロセッサ6.1
メモリ(RAM)6.1
グラフィックス6.7
ゲーム用グラフィックス6.7
プライマリハードディスク5.8

これら指標の中で、最も低いスコアはプライマリハードディスクですが、それでも5.8。
ノートなのに、すごいですね。

CINEBENCH R10

ベンチマーク結果は以下の通り。

Studio XPS 16のCINEBENCH R10結果

 CINEBENCH R10結果
Single CPU2769
Multi CPU4929
Open GL5172
デスクトップ用CPUで言えば、Core 2 Duo E6700位でしょうか。
(条件が合わないので一概には言えません。ご参考程度に・・・。)

3DMARK06

ベンチマークの結果は以下の通り。

Studio XPS 16の3DMARK結果
3DMARK06で7497。
ノートPCでこの結果はスゲーですよね。
CPUもGPUもいいもの積めば、ノートでもここまでのパフォーマンスが出るんですね。

ファイナルファンタジー]Tベンチマーク3

このベンチマークは”今となっては”という感もありますが、まぁこれまで公開されているスコアとの比較の意味で一応やってみました。
ベンチマーク実行結果は以下の通り。

 FFベンチ結果
低解像度8736
高解像度6624

低解像度でのベンチマーク実行結果を以下の通り判断することになります。
1000未満 :問題あり
1000〜1499:表示フレームレートが極端に落ちる場合あり
1500〜1900:低解像度モードでもストレス無く動作。天候などのエフェクトは調整必要かも
2000〜2499:低解像度モードでもストレス無く動作。天候などのエフェクト表示オンでも問題なし
2500〜2999:高解像度モードでも一応プレイ可。
3000〜3999:高解像度モードでもストレス無く動作。
4000〜6999:高解像度モードでも非常に快適。
7000以上 :全く問題なし。

という訳で、「全く問題なし」です。
(当たり前か)


まとめ

家の中で気軽に持ち運びできるノートパソコンが、ここまでハイスペックになってくると、嬉しくなります。 最近のノートパソコンの進歩は目覚ましいものがありますね。

なんとStudio XPS 16は、
現在では更にハイスペックな最新CPU、Core i7を搭載したものが購入できます。
計り知れない・・・。

今なら、オンライン限定クーポンや、各種キャッシュバックキャンペーン等、値引き特典ありお買い得です。
気になる最新仕様とお値段はこちらから。→ Studio XPS 16