HDDデータ救出方法【初心者でも簡単】

パソコンを購入しよう!
パソコンを購入しよう!(HOME)パソコンの困ったを解決! > HDDデータ救出方法【初心者でも簡単】

Inspiron15 3000(3567)のSSDへの換装とメモリ増設について

Inspiron15 3000(3567)のSSDへの換装とメモリ増設について

Inspiron15-3000(3567)は非常にコスパが高く大人気で、私も購入しました。
なんといっても、CPUにはCore i3-7020Uを搭載し、メモリー4GBでHDDは1TBを搭載していながら、4万円台前半で購入できてしまうというのはホント破格!

ですが、
Windows10ではメモリー4GBでHDDという仕様ではちょっと重く感じることもあります。

そこで今回、Inspiron15-3000(3567)に以下の改造をしてみたので、その作業手順と効果を紹介します。

作業手順は詳細にまとめておきますので、同様の改造をしてみたい方は参考にしてください。

ちなみに、改造後は劇的に速くなりチョ〜快適です。
(早く改造すれば良かった)

SSDへの換装とメモリ増設の手順

大まかに書くと、作業手順は以下の通りです。

  1. HDDからSSDへのコピー(クローン作成)
  2. SSD換装、メモリ増設作業

慎重に進める必要はありますが、まぁ、何とかなるでしょう。

HDDからSSDへのコピー(クローン作成)

HDDの内容をSSDにコピーするにあたり、 Windowsのシステムデータ等を含めて完全なクローンを作ります。 これにより、SSDに換装後に各種設定含めて全く同じ状態に復元できます。 Windowsをインストールし直すという方法もありますが、私はクローンを作って換装する方が難易度が低くて手間も少ないですし、換装後にうまく動かない場合に問題点の切り分けがしやすいのでおススメです。

SSDをUSB接続

私はSSDには SanDisk製「SDSSDH3-500G-J25」 を選びました。 このSSDはSATA3.0ということで、USBに接続するための変換アダプターが必要になります。 私は以前購入した Owltech製「OWL-SI23EI-U2」 を使用してパソコンにUSB接続しました。

接続するとこんな感じ。

SSDをUSB接続

私が使っているのはUSB2.0のものですが、 これから購入される方は、USB3.0対応のものを選んでください。 以下なんかどうでしょうか? サンワサプライ SATA-USB3.0変換ケーブル 0.8m USB-CVIDE3 で、Inspiron15 3567は本体右側面のUSBは2.0、左側面にある2つのUSB端子は3.0です。 3.0の端子で作業しましょう。言うまでもなく、転送速度が全然違うので。

新しいシンプルボリュームの設定

USB接続するSSDにドライブ名を設定します。 スタートメニューを右クリックして「コンピューターの管理」をクリック。 ここで「ディスクの初期化」というウィンドウが出たら「キャンセル」をクリック。 左の画面で「デバイスマネージャー」をクリックし、右画面の「ディスクドライブ」をクリックしたら内蔵HDDが表示されます。 Inspiron 15 3000(3567)の場合は、「TOSHIBA MQ01ABD100」というのが表示されているはず。 これを右クリックして「プロパティ」をクリック。 ドライブのプロパティ 「ボリューム」タブをクリックし、「表示」ボタンをクリック。 パーティションのスタイルのところに表示される情報をチェックしてください。 ここでMBRと表示されるのか、GPTと表示されるのかを確認。 なお、私のInspiron15 3567では、「GPT」と表示されました。 ディスクの初期化

改めて「ディスクの初期化」画面に入り、該当するパーティションスタイルを設定(今回私の場合は「GPT」を選択)して「OK」をクリック。 新しいシンプルボリュームの設定1

ディスク1のところで右クリックして「新しいシンプルボリューム」をクリック。 以降、設定ウィザードは全て「次へ」でOKです。 新しいシンプルボリュームの設定1

新しいシンプルボリュームの設定2

新しいシンプルボリュームの設定3

新しいシンプルボリュームの設定4

これでSSDがEドライブになりました。

HDDからSSDへのコピー

まずは、PCの操作をしなくても画面が消えたりスリープに入らないように設定しましょう。 電源設定

スタートボタンを右クリックして「電源オプション」を選択。 「次の時間が経過後、ディスプレイの電源を切る(電源に接続時)」を「なし」に。 「次の時間が経過後、PCをスリープ状態にする(電源に接続時)」を「なし」に。 で、PCを電源につないでください。

「EaseUS Todo Backup Free」インストール

いよいよHDDの内容をSSDにコピーします。 コピーには「EaseUS Todo Backup Free」を使います。 以下に窓の杜のページを貼っておきます。 EaseUS Todo Backup

クローン実行

EaseUS Todo Backup Free1

まずは「EaseUS Todo Backup Free」をインストールして、実行。 左上の「ハンバーガーメニュー」をクリックし、開いたメニューから「クローン」をクリック。 EaseUS Todo Backup Free2

まず「ハードディスク0」のチェックボックスをクリック。 次に「ハードディスク1」のチェックボックスをクリック。 左下の「高度なオプション」をクリックして「SSDに最適化」のにチェックを入れ、「OK」をクリックした後、「次へ」をクリック。 その後、ソース(コピー元:HDD)とターゲット(コピー先:SSD)の容量が表示されます。 EaseUS Todo Backup Free2

私はこの状態でしばらく待ってたんですが、「実行」をクリックしないとコピーは始まりません。。。 「実行」をクリックしたらコピーが開始されますが、所要時間はHDDのデータ量によります。 とにかく待ちましょう。 (進捗%表示が途中で全く動かなくなって心配になりましたが、とにかく信じて待つべし!) 「ディスククローンが正常に完了しました」と表示されれば完了です。

クローン実行

SSD換装、メモリ増設作業

さあ、いよいよSSD換装、メモリ増設作業に入ります。

パソコンの中は精密機器です。 電子部品は静電気に弱いので、静電気の発生しやすいセーター等は脱ぎましょう。 そして、作業前に窓枠を触るなどして静電気を放出しましょう。

それから、細かいネジをたくさん外しますので、作業台を片付けて見通しの良い状態にすると共に、ネジを置くトレーのようなものを用意すると良いでしょう。 小皿でも良いです。

あと、本体の分解をする際、ボディの勘合の隙間に何かを突っ込んでテコの原理でこじって開けるので、 薄い板状の物があると良いです。 私はこんなのを使っています。 iSesamo【iPhone/iPod/iPad対応修理工具】分解工房オリジナルロゴ版 これから買うならこっちかな。 樹脂製だから傷付きにくいし、精密ドライバーも付いてるし。安いし。 OPPSK スマホ iPhone分解修理ツールキット21in1

マニュアル入手

DELLはPCを分解するためのマニュアルをネットで公開しています。 まずはこちらをダウンロード。 Inspiron 15 3000 サービスマニュアル

バッテリー取り外し

まずはPCをシャットダウンしてACアダプターを抜きましょう。 そしてバッテリーを外します。

バッテリー取り外し

バッテリーは本体裏面のレバーをスライドさせれば外れます。

光学ドライブ取り外し

光学ドライブ取り外し

(1)の箇所のネジを外します。 (2)の箇所に棒を突っ込んでDVDドライブをスライドさせて取り外します。

キーボード取り外し

次はキーボードを外します。 キーボードはプラスチックのツメで引っかけて固定しているので、このツメのひっかかりを外す作業となります。 ■ キーボード取り外し1 写真にあるように、キーボードの奥側に窪みがあるのですが、そこにヘラを突っ込んでテコの原理でこじると、ツメが外れ本体から取り外せます。 外れたらゆっくり裏返してください。 ■ キーボード取り外し2 フラットケーブルを接続しているコネクタを外します。 コネクタの黒い部分を起こすとケーブルが外れます。 ■ 光学ドライブケーブル外し このとき、ついでに光学ドライブのケーブルも外してください。

裏ぶた取り外し

裏ぶた取り外し1

写真の5か所のネジを外します。

裏ぶた取り外し2

パソコンを裏返して8か所+2か所+3か所のネジを外します。

裏ぶた取り外し3

パソコンは裏返したままで、本体カバーの勘合部に薄板を差し込んで、テコの原理でツメを外していきます。

裏ぶた取り外し4

全部のツメを外すと裏ぶたが外れます。

SSD換装

SSD換装

メモリー増設

メモリー増設

SSD換装+メモリ増設の効果計測

SSD換装+メモリ増設の効果計測

SSDアクセススピード

SSDアクセススピード

パソコン性能評価

パソコン性能評価

Inspiron15 3000(3567)のSSDへの換装とメモリ増設【まとめ】

Inspiron15 3000(3567)のSSDへの換装とメモリ増設【まとめ】

一応お決まりのフレーズとなりますが、
試される場合は自己責任でお願いします。

当サイトの人気記事

DELLのPC使用レビュー

その他記事